歯科開業医と結婚を収入で考える

歯科医師との結婚は経済的なことだけを考慮すると、開業医といえども自営業ですから治療技術だけでなく経営に関する知識も必要となります。確かに大学病院などの勤務医の時よりは収入が格段に上がりますし、社会的な地位も得ることができます。但し、新たに開業となると顧客がつくまで収入が安定しないのが実態です。コンビニよりも歯科医院の数が多いのは事実で、特に、医院が都市部のビルのテナントの場合は矯正やインプラントも診療科目としていないと経営は厳しいものがあります。東京では1日に1医院が倒産していると言われるほどです。地方の場合であれば、実家の医院を引き継ぐとか、土地建物が本人名義であることが収入安定に繋がります。

歯科開業医との結婚について

かつて、歯科医は高収入の代名詞でした。それが開業医であればなおさらです。結婚相手としても非常に人気の高いステータスでした。しかしながら、昨今ではその神話も崩れつつあるようです。理由は大きく分けて二つあります。一つは、数が非常に増えたこと。地域差はもちろんあるでしょうが、注意して歩くと非常に多くの歯科医を見つけることが出来るでしょう。そしてもう一つは、歯のトラブルを抱える患者数が大きく減っていること。世の中で虫歯予防や虫歯のリスク、同様に歯周病のリスクが広く啓蒙された結果です。競争相手は増えているのに、パイの数は減っているというわけです。そういうわけで、かつてのように高収入が約束される条件ではなくなってしまいました。

↑PAGE TOP